ぺニス長茎手術でおすすめのクリニック

男性のペニスのサイズをアップするためになるのが長茎術です。
こちら美容外科やクリニックで扱っている分野です。
ペニスが短いというコンプレックスが改善することから人気を集めています。
このぺニス長茎手術に掛かる所要時間は約60分です。
こちらを体験するとサイズがアップするだけではなく、包茎を改善することが出来ます。
某クリニックで長茎術をするための料金は500,000円、カウンセリングの当日に治療が可能です。
シャワーは当日からOKですが、お風呂は抜糸をしてからとなっています。
長茎術は、ペニスの部分のシャフトを切開してから糸で縫合をする方法です。
当日は創部が濡れないように脚だけ浸かる入浴がお薦めです。
またペニス長茎術をしてから約2週間は運動を控えることが肝心です。
これと言った年齢制限もありませんし、必然とペニスの力がアップします。
ただし、ぺニス長茎手術をしてから3、4週間は性行為を控える必要があります。
某クリニックなら薄毛の治療を含めて、男性のスタッフさんが親身になって相談に乗ってくれるので安心です。

ぺニス増大手術は痛みを伴いません

ぺニス増大手術を受けることによって得られるメリットはいくつかあります。
例えば見た目の増大効果で、コラーゲンなどの注入によって大きくなった亀頭は見た目においてボリューム感が生まるでしょう。
亀頭が大きくなり全体的に迫力が出るので、自信が持てるようになります。
コラーゲンの硬さなどによるメリットがあります。
コラーゲンは適度な硬さがあり、注入した後亀頭辺縁部に張りや硬さが得ることが可能です。
20代ぐらいの亀頭の張りや硬さを得ることができるでしょう。
コラーゲンを注入したことによって大きくなった亀頭部分は皮膚表面に張りが出ます。
皮膚が張っていないと感度がやや鈍くなるので、亀頭に張りがあると年齢による勃起力不足や亀頭の皮膚がゆるみ発症する早漏症状の改善を期待することが可能です。
コラーゲンを注入する方法を変えることにより、早漏治療を専門的に行うこともできます。
ぺニス増大手術を受けたことによる大きなデメリットはなく、注入する際事前に貼る麻酔を使用するので痛みを軽減することが可能です。
手術中の痛みもなく、注入自体かなり細い注射針で行うので出血したり傷跡が目立つこともないでしょう。
シャワーは手術当日から行うことができ、入浴は翌日からできます。
あえてデメリットを言うなら性行為を禁止する期間が数日だけあります。

ぺニス増大手術を受けてみて

ペニスの大きさにコンプレックスを抱いたのは、思春期の頃でした。
周りの友達と比較すると明らかに自分のものが小さかったからです。
大人になれば大きくなると期待していましたが、それほど大きくならないまま大人になってしまいました。
今でもコンプレックスで、温泉などには入りたくありません。
そこで、自信をつけるためにペニス増大手術を受けることにしました。
ペニスの治療と言うことで少し恐怖心がありましたが、信頼できる医師を探して予約できたのが良かったです。
自分が受けたぺニス増大手術は、自分の脂肪を吸引してペニスに入れるというものです。
注射だけですむのが大きなメリットですが、場所が場所だけに注射でも痛いのではないかと不安でした。
ただ、実際に治療をすると麻酔をしてくれるので、治療前に感じていた恐怖はすぐになくなりました。
治療後も普段通りの生活を送ることができ、サイズアップしたペニスを見るのはうれしいものです。
ペニスが大きくなったことで、自分に自信がつきましたし、女性を満足させられるようになりました。
治療を受けるまでは悩みましたが、ぺニス増大手術を受けて本当に良かったと思います。
それほど痛みをありませんし、悩んでいる人がいたらおすすめします。